• ホーム
  • 安全衛生

日常点検

daily check

安全がすべてに優先することを全従業員が強く意識し、更なる安全輸送の向上を図るため日々安全活動に取り組んでいます。


安全装置

safety equipment

安全意識を高める装置の活用。

01

バックカメラ

発進前の車輌1周り点検が大原則ですが、
現場状況に合わせ安全補助装置として活用しています。


02

ドライブレコーダー

映像分析により、社内規定違反について原因を特定し、違反を繰り返さないよう指導しています。



1.輸送の安全に関する基本的な方針

法令を遵守し全従業員が常に輸送の安全の確保と向上に努める。

社長および役員は、輸送の安全確保が業務の根幹であることを認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果す。
また、現場における安全に関する声に耳を傾けるとともに現場の状況を十分に踏まえ、全従業員に輸送の安全の確保が最も重要で
あるという意識を徹底する。

輸送の安全に関する計画の策定、実施、監査、改善を実行するとともに安全対策を常に見直し全従業員が心を一つにして業務を遂
行し、輸送の安全の向上に努める。

山下運送株式会社


2.輸送の安全に関する目標および達成状況

<平成29年度の目標および達成状況>
【目標】
人為ミスおよび車両不整備による事故をゼロに!!
【達成状況】
平成29年1月1日~12月31日
当該事故 0件
  
<平成30年度の目標および達成状況>
【目標】
① 人為ミスおよび車両不整備による事故をゼロに!!(継続)
② 飲酒運転撲滅(アルコール検知ゼロ)
【達成状況】
① 平成30年1月1日~5月31日現在
   当該事故なし
交通無事故 344日
② 該当事案なし

3.輸送の安全に関する計画

  • 運転中の携帯電話の使用禁止を徹底する
  • 教育および研修の強化
    全乗務員が年1回以上、外部の勉強会および研修会に参加できるよう
    努力する
  • 車両の運行前点検を確実に実施する
  • ドライブレコーダーの活用
    随時チェックし記録をもとに運行管理者より各乗務員に対し、個別指
    導する
  • その他輸送の安全に関する支出及び投資を積極的かつ効率
    的に行う

4.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

平成29年度 当該事故なし
平成30年度 平成30年5月31日現在 当該事故なし


5.事故および安全に関する情報伝達方法

事故報告書および安全に関する情報を全社員が閲覧できるよう事務所内の掲示板にて伝達する
この内容はホームページにも掲載し随時更新する